引っ越し・不用品の処分  |

オフィスの移転について

gf1420184649x引っ越しにもいろいろあり、自宅にかぎらず、賃貸オフィスの移転も引っ越しの一種です。自宅の引っ越しなら、自分たちで荷造りをし、場所を運んでもらうだけなので、さほど大変ではありません。しいていえば自分で荷造りをする場合、引っ越し前後で少し生活がしづらくなるぐらいでしょうか。

 

オフィスの移転で注意しなければならないのが、移転先、移転元の立地です。都心の場合、道が狭かったり、建物のつくりも小さかったりと、輸送の条件が悪い可能性があります。場合によっては階段で運ぶことになるでしょう。そのあたりはしっかりと業者と打ち合わせを行い、クリアにしておきましょう。

 

オフィス移転は普通の引っ越し業者に依頼するわけではありません。精密機器がたくさんあったり、大量のデスク、チェア、キャビネットなどを運ぶには対応した業者でなければなりませんし、価格も一般家庭の基準とは異なります。

 

また、個人の引っ越しでもありがちですが、値段だけで選ぶと痛い目にあいます。特にオフィスの移転は、貴重なデータの移転でもあり、移転後速やかに業務に取り掛かれるようにしなくてもいけません。ただ引っ越しをするだけと安心せずに、効率や安全対策にも気を配りましょう。