引っ越し・不用品の処分  |

住み替え時の仮住まいについて

家を新しく建て替えるとなると一時的に今の家には住めなくなるため、仮住まいを探すことになります。仮住まいの期間や見つけたい物件の形態などによっても変わってきますが、遅くても引っ越し日の1ヶ月前には仮住まいの候補を絞り込んでおきましょう。

 

とはいえ、仮住まい先にはたくさんの選択肢があります。結局のところどれがベストなのでしょうか。一般的な賃貸物件の場合、家賃以外にも礼金や保険、入居時・退去時の引っ越し費用といったものがかかってきます。その他、やインターネット回線、電話回線の各種契約や解約作業なども仮住まいにしてはそれなりの労力になってしまいます。

 

賃貸に比べて雑費がかからないのがマンスリーマンション。家具が元から備え付けられており、インターネット契約や保険なども特に加入する必要がありません。そしてガス・電気・水道などの公共料金もほとんどの場合が手続きいらず。例えば、ミスタービジネスのマンスリーマンションは1人あたりの公共料金が一律21,000円に設定されており、面倒な手続きをすることなく入居した日からガス・電気・水道が使えます。1ヶ月~半年の仮住まいであればかなり費用が抑えられるのではないでしょうか。

 

そしてマンスリーマンションよりも高級感のある設備とホスピタリティの高いサービスを売りにしているのがサービスアパートメント。もちろん、家具代や公共料金に関しては費用に含まれています。家賃自体はやや高めですが、その分だけしっかりとしたおもてなしをしてもらえます。

 

その他、最近注目されているのが個人宅に滞在する民泊。個人が所有している物件を宿泊施設として提供するサービスなども増えています。こちらは提供者や部屋によって家賃がまちまちで、決まった相場はありません。安ければ1ヶ月あたり10万円、高ければ40万円くらいの部屋もあるようです。高級マンションの一室を提供したり、シェアハウスのような形でゲストを受け入れていたりと、バラエティに富んだ物件から好きなところを選んで住めるのが民泊の魅力です。

 

新築の建て替えとなると、そちらにばかり気をとられてしまいがち。引っ越し直前になってバタバタすることのないよう、仮住まいはあらかじめ決めておくようにしましょう。

Interviews of hotel room